ISO9001は品質管理に役立システム~製品向上ガイド~

国際規格の取得へ向けて

オフィス

現在、多くの企業で、国際品質規格のISO9001の取得を目指しています。この国際規格は、仕事のプロセスに授与される規格です。良い製品を作るための仕事の過程に落ち度がないことが条件となります。ISO9001取得のために、殆どの企業はコンサルティング会社と提携しています。

もっと読む

品質マネジメントシステム

システム

ISO9001は品質マネジメント規格です。事業所にとっての商品やサービス活動の品質向上を目指す規格として多くの企業が導入しています。ISO9001を取得することで、取引を進めるうえでのメリットが生まれます。

もっと読む

品質における信頼の取得

スーツの男女

ISO9001は品質システムに対する持続的な有効性を評価する認証規格である。しかし近年では、実際の業務ルールとのズレが起きる確率に加え、認証の取得だけを目的としたケースも懸念されていた。単に規格と照らし合わせるだけで無く、実際に起こり得る事態を組み込んだマニュアルを作成する事が必要となっている。

もっと読む

品質管理に有効なシステム

スーツのメンズ

結果よりプロセスが重要

ISO9001とは、品質マネジメントシステムのことです。会社が顧客の満足を満たすための製品作りやサービスを提供するために、品質を管理していくシステムです。ISO9001の要求事項では、そのシステムに必要な要件がまとめらており、会社は審査を通過するために、その要求事項を満たす必要があります。ISO9001の基本的な考え方は、製品やサービスの品質そのものよりも、それらを作り出すまたは提供するまでのプロセスを重視していることが特徴です。そのため、会社は顧客の要求を理解して生産工程に入り、顧客の満足を得るための一連のプロセスを作り書式化する必要があります。まれにISO9001の審査を通ることに集中して、現実的ではないシステムを作り、現場が翻弄されてしまう組織があります。それでは本末転倒です。何よりも、組織の運営を向上させるための物であることを忘れてはいけません。

継続的改善を行うサイクル

ISO9001の求める品質マネジメントシステムでは、経営、人的資源を含む資源運用、製品実現、監視・測定・分析、継続改善など、これらすべてのプロセスを書式化して明確にする必要があります。また、書式化されたものが責任者の権限の下、しっかり管理されていることが重要です。それらは計画や方針の策定に始まり、製品を実現するためのシステムの運営、実施されている活動を監視して分析して、是正すべき部分があれば、それを明確にして継続的改善をしていくサイクルになっていなければなりません。継続的改善が重要なポイントになっており、完璧なシステムを作る以上に、現在のシステムを理解して向上させていくことが求められるのです。また、責任者から運用していく現場へのコミュニケーションも、システムを実施するために大切な要素になります。